作:ふたくちつよし  演出:石塚幹雄

【日時】2010年10月7日(木)~9日(土)

【場所】麻布区民センターホール

【STORY】
五月の連休のある日。
都心から一時間ほどの住宅地にある平山家では、祖父・正綱の米寿の祝いが、内輪で行われようとしていた。正綱の長女・幸子は朝からその準備で大忙し。
実は幸子は正綱に内緒で、兄・正昭とその妻・千晶を呼んでいたのだ。幸子はこれを機会に、絶縁状態にある父と兄の関係を修復したいと考えていた。
幸子の夫・信之と娘・有紀の協力を得て、正綱の米寿の宴が始まるが、一人の老人の訪問によって事態は思わぬ展開となっていく。
五月の風は、家族の中を吹き抜けていくのだろうか・・・。
【CAST】	 
平山正綱・・・・安原昇
石橋信之・・・・橋本勇一(演劇サークルブレーメン)
石橋幸子・・・・奥山規子
石橋有紀・・・・小林朝子
平山正昭・・・・相場宏
平山千晶(W)・・石川房乃
平山千晶(W)・・滝沢有希子
平山正太・・・・植村啓市(フリー)
平山裕太・・・・小沼武司
山根和彦・・・・久藤忍
望月勝一・・・・川村富雄
富岡勇司・・・・西田雅治(フリー)
寺岡茂治・・・・冨田正久(京劇研究会)
寺岡明・・・・・石塚幹雄
坂崎松江(W)・・斉城薫
坂崎松江(W)・・新角奈津子
横井政代・・・・庄司雅子
【STAFF】	 
演出    石塚幹雄
演出助手  滝沢有希子
舞台監督  本川國雄
舞監助手  川村富雄
舞台装置  本川國雄
照明    福田さやか
音響    坂田ひろの
音楽    上田麻衣子
衣装    安彦仁子
小道具   斉城薫
制作    石川房乃

♪ご来場いただいた皆さまからの声

何度も泣きました。今の自分に必要な言葉をもらいました。 (30代 女性)

うまく表現できませんが、心がすごく元気になったように感じました。 (40代 男性)

最近、暗いニュースが多かったので元気をもらいました。 (20代 女性)

どんな状況でも希望は捨てるな!とても感動でした。 (50代 女性)

言葉にしないと伝えることができないことが多いこと。勇気を出せば人との関係を変えられることを感じました。

変人だと思われてもいいから希望は捨てません。信じ続ける勇気を頂きました。 (30代 女性)

劇中のセリフすべてが身につまされました。 (60代 女性)

泣いていいのか笑っていいのか迷った。 (女性)

今回の震災としても最後まであきらめずに、きっとその人の気持ち次第ですね。これからの人生をしっかり生きていきたいと思いました。 (60代 女性)

泣きました。外に出るのに困るくらい(笑) (40代 女性)

医療関係者から見ても面白かったし、楽しめたと思う。 (30代 介護職 女性)

演技もそうですが、舞台の上の人たちの「今を懸命に生きる」というものを感じられて素敵でした。 (30代 男性)